糸の魅力・
漁網をつくって江戸を釣る?!
小林尚美

糸の魅力・漁網をつくって江戸を釣る?!

繊細な糸の表現を通して国内外で活躍してきた小林さんが、子どもたちのためにシンプルな漁網の編み方を伝授し、《糸》の魅力について話します。魚の食文化をもっていた日本では、縄文時代から魚貝類を食べ、鎌倉・室町から徐々に地域に広がり、江戸時代には漁業がさかんになりました。今の漁法のほとんどは江戸時代につくられたといわれています。子どもたちがつくったカラフルな漁網を全部つなげて飾ります。

開催日/開催時間2014年8月6日(水)10:00〜15:00(15:00〜飾りつけ)
※お昼休憩があります。
場所名古屋都市センター 第2会議室
対象小1〜中学生
定員20名

小林尚美

伝統的な織りを学んだ後、繊細な糸に魅了される。現代ファイバーアートの第一人者。独特な糸の表現は海外でも高く評価され、インスタレーションも手がけ、招待作家として国内外で展覧会を重ねている。

※このワークショップは事前申込が必要です。

アート長屋の申込方法はこちら