江戸絵付け~踊る光絵~
河村陽介

江戸絵付け~踊る光絵~

江戸時代にデザインされた小紋柄や浮世絵の話を聞いたり見ているうちに、参加者のそれぞれの感覚が出会って、新しい絵が生まれます。さらにグループごとに形の変化を描き加えます。それらの絵は河村陽介さんのコンピュータ技術によって白い壷や自分たちの着ている白い着物に動画となって映し出されます。江戸の夜空に回り燈篭が動いているかのように、不思議なプロジェクション・マッピングの体験をしてみませんか。

開催日/開催時間2014年8月7日(木)13:00〜15:00
場所名古屋都市センター 第2会議室
対象小3〜中学生 
定員20名

河村陽介

国際情報科学芸術アカデミー卒。移動型ミュージアムMOBIUMやメディアアートコミュニティNODEを運営。都市・場所・人をつなぐメディアとして各地でイベントやワークショップ、メディア系コンテンツの制作・開発などをおこなっている。

作家Webサイト http://www.node-lab.org

※このワークショップは事前申込が必要です。

アート長屋の申込方法はこちら