やすり左衛門
青田真也

やすり左衛門

身の周りの物をヤスリで丁寧に削っていくと元の形から少しずつ変化して不思議なモノに生まれ変わります。そのおもしろさを見つけ、制作を続けている青田さんから、ヤスリをかけている時に大切にしていることについてお話を聞きし、物の素材感や形の変化を楽しむ術を習います。そして江戸にも親しまれていた日用品あるいは玩具に挑戦してみます。下駄?コケシ?張り子の犬、達磨?お祭りの面?どんな物にヤスリをかけていくのか…楽しみにしてください。

開催日/開催時間2014年8月7日(木)10:00〜16:00
場所日本特殊陶業市民会館 第2リハーサル室
対象小1〜中学生、大人も可
定員自由参加

青田真也

身近な既製品や大量生産品の表面をヤスリで削り落とし、見慣れた表層を奪い去ることで、それらの実質や情報などの価値を問い直す作品を制作している。個展、グループ展で発表を続けている。