墨と和紙で
江戸(和算)わーさん
味岡伸太郎

墨と和紙で江戸(和算)わーさん

江戸の数学や科学は想像以上に発達していたことが『和算』の古書などに見られます。乳鉢で炭から墨をつくり、江戸時代の算数や理科の数式を書き込んだり、子どもたち自身が持参した現代の教科書の好きなページを描いていきます。デザインとアートの達人である味岡さんと一緒に、墨の濃淡を使い、大きな和紙に、江戸と平成の文字や図式も使いながら、今と昔の“考える”宇宙を想像し、描いていきましょう。

開催日/開催時間2014年8月7日(木)10:00〜17:00
※お昼休憩があります。
場所日本特殊陶業市民会館 第1会議室
対象小3〜中学生
定員20名

味岡伸太郎

文字やパッケージ、家具や建築など平面から立体のデザインをはじめ、自然素材によるアート作品を美術館やギャラリーで発表しているアーティスト・デザイナー。

作家Webサイト http://www.ajioka3.com

※このワークショップは事前申込が必要です。

アート長屋の申込方法はこちら