企画概要

約400年前の江戸時代、
人々はどんな暮らしをしていたのだろう?

金山に出現した"桶のタイムトンネル"をくぐると、江戸への"通行手形"を手に入れることができます。

「金山舞台」では狂言や和と洋の演奏が興され、「アート長屋」では現在活躍中のアーティストが
江戸の文化や伝統と現代のアートをクロスさせた新感覚のワークショップを展開します。

"まちかど"には駕籠乗りや物売りの声、三味線が響き、江戸の知恵と仕掛けの遊びで賑わいます。
江戸と現代のコラボレーションにぜひご参加ください。

主催なごや子どもまちかど文化プロジェクト実行委員会
  構成団体 名古屋市
公益財団法人名古屋市文化振興事業団
公益財団法人名古屋まちづくり公社
中日新聞社
後援名古屋市教育委員会
助成 一般財団法人地域創造
平成26年度文化庁 地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ
プログラム企画・監修 前田ちま子(名古屋芸術大学教授)
協力名古屋芸術大学
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
名古屋ボストン美術館
監修アシスタント 松村淳子 岩野早苗 加藤大貴 大下琴子 遠藤安子
アート長屋の詳細はこちら 金山舞台・お江戸寄席小屋の詳細はこちら